HOME>ホットトピックス>どのような種類があるのかについてとそれぞれの特徴を紹介します

さまざまな恩恵が受けられる

保険プラン

法人で節税対策を考えているのであれば保険を活用するのが有効です。節税対策で法人が保険を活用する場合、大きく分けて生命保険と損害保険の二種類に分けることができます。この二種類の保険に加入することによってさまざまな恩恵を受けられます。

掛金が損金になりやすい

保険プラン

生命保険とは人のために活用するためのものなので、入院や通院が必要になった場合に保険金が支払われることになります。法人の場合は事業補償対策として社長や役員が死亡した時に備えるタイプや従業員が死亡した時の死亡退職金に備えるタイプのものなどがあります。掛金が損金になるものが多いので節税対策にもなります。

保障期間が長いものもある

保険プラン

法人向けの生命保険の種類は、さらに逓増定期保険と長期平準定期保険の二種類に分けることができます。逓増定期保険とは、加入から一定期間が経った後に死亡保障額がどんどん上がっていくタイプのもので、経営者や役員の死亡保障として人気があります。長期平準定期保険とは、保障期間を90歳や100歳などにすることができ、節税対策以外にも事業保障対策として使用されています。

賠償責任にも活用できる

主婦

損害保険はモノを守るための保険なので、会社が所有するものが壊れた時などに保険金が支払われます。損害保険も自ら所有する財産に対してかけるタイプと第三者のものを壊してしまった時の賠償責任にかけるタイプの二種類があり、それぞれ節税対策になります。

広告募集中