ワーキングホリデー中に病気にかかったり事故に遭ったりしたときの治療費

見知らぬ国に長期間滞在するワーホリ。疲労やストレスが溜まりやすく病気にかかったり、思わぬ事故に遭遇したりする可能性があります。例えば盲腸の手術をする場合、日本では自己負担額が10数万円程度で済みますが、海外だと100万円以上かかることがあります。

保険に加入している場合としていない場合を比較

保険加入で安心してワーホリに集中できます

ワーホリに関連するある団体によると、ワーホリ保険加入者がのうち約7割が保険金請求するというデータが示されました。これは多くの人が、渡航先で何らかのトラブルに見舞われる可能性が高いことを示しています。やはり保険に加入しておくことで、万が一の入院や事故などに備えておかなければなりません。

保険未加入だと高額な医療費が請求されることも

ワーホリ中に加入する保険は、医療保険や損害保険や火災保険の役割を担っています。ワーホリなどで海外渡航する場合、基本的には自己管理となります。もし保険未加入で急病になった場合、100万円単位の医療費が請求されることがあります。自分で負担できない場合は、保険会社に負担してもらうことが重要です。

特化したものと契約しよう

パソコンを操作する人

ワーホリ(ワーキングホリデー)で海外に行くのなら、万が一のときの備えはきちんとしておかなければいけません。生活環境がまったく異なる外国で過ごすのですから、アクシデントも起こりやすくなるので、何かあったときに補償してくれる保険に加入しましょう。ワーホリ保険というワーホリに特化した保険があるため、そちらを選べば準備万端で海外渡航が行えます。いろいろな保険会社がワーホリ保険を提供してくれるので、適切な補償が受けられるものを活用しましょう。

日本語サービスの有無を確かめよう

チェックリスト

ワーホリで訪れる予定の国の言葉がペラペラではないのなら、ワーホリ保険は日本語サポートが完璧なものを選びましょう。何かあったときに現地の警察や医療施設の方に言葉が伝わらなければ、適切な対処をしてもらえないため、素晴らしい補償があったとしても適切に利用することはできません。24時間いつでも日本語で受けられる電話サービスや医療現場での通訳サービスなどがあるため、言葉に不安があるのならしっかりと調べてから契約することが大切です。

治療費を負担してくれる額を調べておこう

保険

ワーホリで海外を訪れるのなら、高額の治療費に備えて、ある程度の治療費を負担してくれるワーホリ保険に加入しておいたほうがよいです。海外では、日本では考えられないほどの高額請求をされる場合があるので、ワーホリ保険に入っていないと支払えないケースもでてくるでしょう。帰国してから日本の保険を利用すれば3割負担で済むこともありますが、それでも海外の医療費は高いので、ワーホリ保険に入っていないとかなりの負担になると考えたほうがよいです。

それぞれを比較しよう

INSURANCE

ワーホリに特化した保険は、日本語サービスや十分な治療費負担を用意してくれている場合が多いです。そのため、条件に当てはまるワーホリ保険はたくさんあるので、資料を請求して、自身が訪れる国に合ったものをじっくりと選びましょう。

広告募集中